純米吟醸花酵母造りの口コミと評判はどうなのか?

飛騨の山車の傑作の純米吟醸花酵母造り

妥協しない飛騨の杜氏が作る日本酒。 
日本三大杜氏が作るお酒に決して劣らない。
あなたの舌と心を震わす日本酒,山車とは?

 

 

↓公式サイト↓

 

 

 

親戚や友人への挨拶としてのプレゼントにいつも頭を悩ませていませんか?
季節のごとに送る贈答品で何を送ればいいのか皆、頭を悩ますかと思います。 

 

日本独特の習慣ですが、このお中元やお歳暮を送ることは海外の俳優も行っています。
日本人の通訳者に毎年、お中元、お歳暮を送っています。

 

素晴らしい習慣ですが、毎年、何を送ればいいのかが悩みです。

 

飛騨のお酒、山車は飛騨出身者のみが杜氏と蔵人の酒蔵。
歴史のある酒蔵で作られる酒蔵を訪れると何か神々しさも感じます。

 

山車の日本酒、純米吟醸花酵母造りは贈り物として、有名な酒蔵の日本酒に劣ることはないです。
テレビCMで取り扱われてることはありません。でも、とても飲みやすく、癖になる旨さです。

 

このサイトには純米吟醸花酵母造りの口コミや評判などについて書いています。
是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

純米吟醸花酵母造りのメリット

  • 食事の時間を楽しめる
  • グルメ食材に詳しくなれる
  • 会員登録すると新作の情報が手に入る

 

 

純米吟醸花酵母造りのデメリット

  • 全国の量販店で購入することが出来ない
  • コンビニで購入することが出来ない
  • 味の好みには個人差がある。

 

 

↓お求めはこちらから!↓

純米吟醸花酵母造りの口コミ・評判

純米吟醸花酵母造りの良い口コミ

 

良い口コミ1:飲みやすい日本酒(30代 男性)

 

純米吟醸 花酵母造りはとても爽やかな香りと味わいがあります。
日本酒好きにはもってこいのお酒です。
日本酒が初めての方にも飲みやすい日本酒です。

 

 

良い口コミ2:ワイン好きの心を掴んで離さない純米吟醸(30代 女性)

 

 

ワイン好きの妻がワインのようだと大絶賛で飲んでいるのが純米吟醸 花酵母造りです。
通常ワインを飲む妻がもうこの純米吟醸 花酵母造りに首ったけです。 
ワイン好きの心を掴んで離さないです。 
純米吟醸最高。

 

 

良い口コミ3:飲みやすい(40代 男性)

 

 

純米吟醸 花酵母造りはフルーティーです。
特に女性には喜ばれる日本酒です。 
本当に飲みやすいので日本酒ではない感じです。 
原田酒造場の酒蔵最高。

 

 

良い口コミ4:飲みやすさは抜群(30代 男性)

 

 

退院祝いに父親に送りました。 飲みやすいと大好評です。
純米吟醸 花酵母造りのフルーティーさは本当に素晴らしい。

 

 

良い口コミ5:一度飲むと忘れられない(50代 男性)

 

 

飲みやすさが一度飲むと忘れられなくなりました。
本当に美味しいです。 他の日本酒ではなくて純米吟醸 花酵母造りだけで十分。
今までにない感覚の純米吟醸です。

 

 

良い口コミ6:はずれがない(40代 男性)

 

 

はずれがないのと、日本酒が初めて人でも飲みやすい。
それと美味しいので、お勧めです。
純米吟醸の花酵母造りはかなりお勧めです。

 

 

良い口コミ7:女性でも飲みやすい(30代 女性)

 

 

純米吟醸 花酵母造りはフルーティーなので、女性でも飲みやすい。
プレゼントとして送ると大好評でした。 まさに絶品です。
原田酒造場にはこれからもお世話になります。

 

 

良い口コミ8:冷やすとさらに美味しい(20代 女性)

 

 

日本酒が好きな方や好きでない方にも純米吟醸花酵母造りはお勧め。
冷やすと一層華やかな飲み口になります。
さらに、飲みやすいです。

 

 

良い口コミ9:女性でも飲みやすい日本酒(40代 女性)

 

 

純米吟醸 花酵母造りは特に女性にお勧めです。
日本酒が苦手という女性が多いのです。
しかし、純米吟醸花酵母造りだと飲みやすい。
芳醇な香りは必ず気にいるかと思います。

 

 

良い口コミ10:飲み過ぎてしまう旨さ(20代 男性)

 

 

あまりの飲みやすさなについつい進んでしまいます。
気がつけば飲みほしていました。
常温でも飲みやすく、口当たりも甘いです。  

 

 

良い口コミ11:飽きがこない(30代 男性)

 

 

リピート間違い無しの純米吟醸 花酵母造りです。 
飲みやすさと、フルーティーなので、飽きのこないのが虜になった理由。
純米吟醸はもう手放せないです。

 

 

良い口コミ12:飲みやすさと旨みも感じる(30代 男性)

 

 

フルーティーとのことで期待して購入。 
でも、思った程ではなかったです。
純米吟醸花酵母造りは飲みやすい。
すっきりとした飲み口で旨みも感じる日本酒。

 

 

純米吟醸花酵母造りの悪い口コミ

 

純米吟醸 花酵母造りの悪い口コミは見つかりませんでした。

実際に飛騨の山車に行って来ました!

実際に飛騨の山車に入って来ました。

 

京都から毎日バスがあります。 
片道4,500円

 

時間は4時間30分かかります。 

 

途中の高速道路からの景色はすばらしいです。
恵まれた自然が飛騨の山車には欠かせないです。
高山のバスターミナルから徒歩で20分ほどです。

 

 

古い町並みの中に山車はあります。

 

 

 

モンドセレクション受賞の証

 

150円で一杯お酒が楽しめます。

 

酒蔵に入って酒のタンクも見れます。

 

杜氏の姿も見れます。

 

 

「吟醸」と「大吟醸」の違いとは?

 

日本酒の話しになると吟醸、大吟醸というのがあります。
この吟醸と大吟醸とはどういうことかを理解している人はどのくらいでしょうか?

 

吟醸と大吟醸の違いは精米歩合の理解が必要。 
精米歩合は米を削って、残った部分の割合。

 

精米歩合の理解が吟醸、大吟醸を知るには必要。

 

日本酒のラベルに精米歩合50%と記載されていれば米を50%削って、
のこった50%を使ってお酒を作るということになります。  

 

よって吟醸と大吟醸の違いはこの精米歩合の違いです。

 

吟醸酒は60%以下、大吟醸酒は50%以下です。

 

60%以下の規定の下で作られて純米吟醸の花酵母造りはとてもフルーティー。
日本酒が苦手な人でも飲めるお酒です。

純米吟醸花酵母造りの特徴

純米吟醸 花酵母造りは飲み口はまるでりんごを食べた後のようなさわやかさです。 
フルーティーさも兼ね備えています。

 

今までに無い味わいなのが純米吟醸 花酵母作りの特徴。 

 

使用酵母は花酵母研究会公式認定のアベリア花酵母を使用。

 

海外からのお客様からは上質な白ワインのリースリングのようとのお声をいただいています。

 

使用酵母

 

山車の蔵人は全員飛騨出身です。 
現在5人で飛騨のお酒を製造しています。 
飛騨のプライドで持つ情熱と魂のこもったお酒と言えます。 

 

 

飛騨の男達の酒への情熱は本物です。
(実際に酒蔵を訪問して感じました!)

 

 

日本酒を作る上で必要な麹も全て手作りです。
麹は日本酒の製造には欠かせないものです。

 

 

大吟醸クラスは袋搾り。
非常に手間のかかる作業ですが、自然の圧力でしたたりおちる雫酒はフレッシュで格別の風味があります。

 

 

菅田杜氏

 

 

杜氏入魂のしっかりとした力強い麹造りが山車のコクとキレを生み出しています。

 

妥協しないという日本酒造りは日本三大杜氏の南部杜氏(岩手県)、越後杜氏(新潟県)、丹波杜氏(兵庫県)の杜氏集団にも負けません。

 

 

杜氏とは?

 

酒造りの最高責任者を杜氏(とうじ)と呼びます。

 

酒造りの技術職人集団という意味で杜氏と呼称されることもあります。

 

そのため、冬季に酒蔵で働く人すべてが杜氏だと捉えられることもあります。
しかし、杜氏と呼ばれる長(おさ)は一つの酒蔵でただ一人です。

 

 

日本三大杜氏とは?

 

各地に散らばる杜氏集団です。

 

中でも強い影響力を持ってきたのが日本三大杜氏と呼ばれています。

 

 

3県の杜氏集団は有名です。

 

南部杜氏(岩手県)

 

最盛期には3000人を超えるメンバーがいたという日本最大の杜氏集団。

 

現在でも300名を超えます。 
もともとは東北にやってきた近江商人が酒造りの技術を伝えのが始まりだとか。
東北の硬い米を上手に扱い、柔らかな味わいの酒を造るのが持ち味です。

 

 

越後杜氏(新潟県)

 

南部杜氏に続く規模で170人ほどの集団。

 

酒どころ新潟の屋台骨を支える杜氏達が醸す酒は、もちろん新潟の酒の代名詞でもある、淡麗辛口。

 

 

丹波杜氏(兵庫県)

 

現在は40人程度と規模は小さいながらも、その歴史の長さや、銘酒の産地。

 

灘の名を日本中に轟かせた技術力が評価されて、大きな影響力を持っています。
一時は5000人を超え、遠く中国まで杜氏を派遣していたとのことです。

 

ミネラル分豊富な水を使いこなし、濃厚で辛口の酒が自慢です。

 

 

飛騨の山車の歴史

 

飛騨乃酒山車(さんしゃ)は江戸末期安政二年(1855年)に創業。
徳川幕府直轄地「飛騨」の旧城下町「三之町」にて酒造業を開始いたしました。

 

元々は隣町「国府」の「打江の庄」の庄屋であったそうです。

 

京都に近い灘・伏見の酒造りにいち早く注目した初代当主・打江屋長五郎。
彼は庄屋から酒屋へ事業転換すべく懸命に酒造りに専念したと伝わっております。

 

以来、江戸・明治・昭和の激動の時代を十代にわたり清酒醸造を守り続けてきました。

 

代々その技術に研鑽を重ね、淡麗である一方で、しっかりとした芳醇な米の旨みを兼ね備えた山車独自の風味の豊かさを「奥伝 飛騨流厳冬寒造り」にて醸しだしております.。

 

 

飛騨乃酒山車は、高山祭の絢爛豪華な祭り屋台

 

「山車=だし」から、「山車=さんしゃ」の清酒銘柄をいただきました。

 

四百年かかって融合・熟成した京文化と江戸文化が飛騨乃酒「山車」にもしっかりと根付き、融合・熟成しているのです。

 

豊富で清冽な北アルプス伏流水と良質の飛騨産米を原料。

 

そして厳しい冬季寒仕込みによりじっくりと醸しだされた味わいを四百年の時の浪漫と共にお楽しみ下さい。

 

 

山車蔵元 十代目打江屋長五郎 原田勝由樹

 

純米吟醸 花酵母造りのさらなる詳細については公式サイトから確認出来ます。

 

↓公式サイト↓

純米吟醸花酵母造りのお勧めの飲み方

 

純米吟醸花酵母造りのお勧めの飲み方は冷やして飲むのがお勧め。

 

 

フルーティーなのでとても飲みやすいのです。
温かい季節にきゅっと冷やした純米吟醸 花酵母造りは体にしみます。

原田酒造のインスタグラムでの紹介

純米吟醸花酵母造りの購入

純米吟醸 花酵母造り 720ml 純米吟醸 花酵母造り 1800ml


1,815円(税込)
定期購入なら初回特別価格 1,557円(税込)
定期購入なら1回あたり  1,644円(税込)


3,070円(税込)
定期購入なら初回特別価格2,637円(税込)
定期購入なら1回あたり   2,784円(税込)

 

定期購入の勧め

 

定期購入は飲みたい時にいつも自宅にあるのが最大の利点です。
その都度購入だと飲みたい時に、お気に入りのお酒がないと何とも残念です。

 

毎月届けられるのでここぞという時に確実に飲めます。

 

おまけにこの定期購入には縛りもありません。

 

楽天やヤフーショッピングでも販売されていますが、値段は皆同じです。 
アマゾンでの販売無し。

 

まずは1本という場合も都度購入可能です。

 

 

返品交換について

 

配送途中の破損などの事故や明らかな不良品がございましたら、
弊社までご連絡下さい。

 

送料・手数料ともに弊社負担で早急に新品をご送付,代替品が無い場合、
品代を返金致します。

 

開封後飲んでみて明らかに何らかの異質な風味がある場合を除き、
開封済みの商品は、誠に勝手ではありますが、 代金の返却及び
商品の交換は申し受け出来ません。

 

上記理由による返品・交換は商品到着後7日以内に下記電話・メールへご連絡下さい。
お手数ですが下記住所へ着払いにてご返送下さい。

 

 

返品・交換の際の連絡先・送付先

 

運営会社:有限会社 原田酒造場
TEL:0577-32-0120
email:e-shop@sansya.co.jp
送付先:〒506-0846 岐阜県高山市
上三之町10番地

 

 

商品代金以外の必要料金

 

商品送料・宅配専用清酒用箱代・贈答用箱代・保冷箱代・クール料金。
お届け先が複数の場合には、お届け先ごとに送料がかかります。

 

 

申し込みの有効期限

 

在庫のあるものは注文確定次第即時発送いたします。
商品発送までに時間を要するものについてはメールまたはお電話にてご連絡いたします。

 

 

不良品の扱い

 

商品の特性上、商品の殆どが破損物です。
また、清酒は嗜好品であり賞味期限も様々。

 

商品に何らかの不備がある場合や当社ミスでの商品破損の場合は代替品をお送りします。
この場合、送料は当社負担とさせて頂きます。

 

 

販売数量

 

1個・1本からお受け致します。

 

 

引き渡し時期

 

現金書留の場合、現金到着・確認後の発送となります。

 

お急ぎの場合はご期待に添えないことがありますことをご了承ください。
その場合は代引き・クレジットカードをご利用下さることをお薦めいたします。

 

 

お支払い方法

 

現金書留、代金引換、クレジットカード。

 

 

↓純米吟醸花酵母造りのお求めはこちらです↓

原田酒造場について

販売業者有限会社 原田酒造場
総責任者原田 克之
所在地〒506-0846 岐阜県高山市上三之町10番地
電話0577-32-0120
FAX0577-34-6001
E-mailinfo@sansya.co.jp

 

 

↓純米吟醸花酵母造りの公式サイト↓

 

page top